二世代×二世代 Style

2022.12

DATA

C値
0.15
UA値
0.39
Q値
1.45

将来のことを見据え、収納スペースをできるだけ確保しつつ、動きやすい動線を目指しました。
デザイン面では家全体が明るくなるように、またポイントで和のテイストを入れることで、私達が落ち着ける空間を目指しました。